チャペルフォトウェディング 〜ニューノーマル時代の結婚写真


結婚式はしない———。結婚式なんて大袈裟だし、気を遣うし、向いてないよなぁなんて思っていたんだけど。世間に地味婚やナシ婚なんて言葉が広く行き渡って、さらに、昨今の世界的パンデミックがその選択の後押しをした。

でも…、心のどこかで、なにか、物足りなさを感じていた。小さなころ、夢に描いていた花嫁姿。父と歩くバージンロード。ベールダウンした後の母の顔、「幸せになってね」なんて言われたら、泣いちゃう。

そして、チャペルで結婚写真を残す、という選択をした。

両親も招いて、今までの感謝を伝える場にしたい。せっかくの機会だし。サプライズもちょっと織り交ぜて。チャペルにはお気に入りのBGM。両親とのファーストミートは…きっと泣いちゃうだろうな、なんて…当日は父の方が泣いていた。それを見た母はもっと泣いていた。やめて、せっかくのメイクが崩れちゃう。

父と歩むバージンロード、指輪の交換、ベールアップ、誓いのキス、フラワーシャワーで退場まで。笑顔も、泣き顔も、全てが収められた結婚写真を残すことができた。何より、大切な人と過ごすひとときと、家族に想いを伝える時間は、一生忘れない、ステキな体験になった———。

チャペルフォトウェディングを介して届けたい、結婚の本質。写真に託したい、大切な人への想い。結婚式の当日同様に、おふたりや、ご両親の息遣いまでにも気を配り、一枚一枚丁寧に撮影しています。

このプランの特徴

おふたりだけでも、ご家族をお招きしても!

雨でも、雪でも、素敵な写真が残せます!

お子さまもご一緒に!

天気が良ければ、+屋外撮影もOK!

ドライフラワーブーケなど小物も充実!

サプライズもスタッフ一同全力で応援します!